« 徳川家康:家紋【徳川葵】 | トップページ | 石田三成:家紋【大一大万大吉】 »

2010/03/09

毛利元就:家紋【長州三つ星に一(一文字三つ星)】

三本の矢の逸話でも知られ
中国地方に一代で大領国を築き上げ「西国随一の戦国大名」とも評された
毛利元就の家紋は特徴的な星紋の【長州三つ星に一(一文字三つ星)】

日本では星は★ではなく●で表されます。
相撲の世界でも勝敗を星で表すように勝負事に星は縁起の良い紋です。
三つ星は勝ち星として、戦国武将に相応しい勇ましいデザインです。

3744 長州三つ星に一

« 徳川家康:家紋【徳川葵】 | トップページ | 石田三成:家紋【大一大万大吉】 »

戦国武将の家紋」カテゴリの記事

コメント

山口県出身で先祖代々の墓があります。生前父親から佐野家の家紋として「三ツ星に一文字」を教わりました。キーホルダーとして山口のインターでも売ってました。しかしネットでみると毛利家の「一文字三ツ星」と逆さまで、大阪関西方面の渡辺性の家紋とされていました。  これは父の間違いなのでしょうか?私は家紋をとっても大切なものとしていましたので納得がいきません。出身地も山口で毛利の家来だったと聞いているのにその逆さの家紋を持つでしょうか?

どうか教えて下さい。

佐野様、ご覧いただきありがとうございます。ご質問の件に分かる範囲でお答えします。そもそも家紋は氏のように身分によって与えられるような規則はなかったため、広く民衆も使っていました。家によっては男紋・女紋だけでなく複数の紋を使ったり世代によって変えたりもされています。特に豊臣家の家紋は人気があり多くの家で使われたため禁止令がでたほどです。よって、ネットで大阪関西方面の渡辺性の家紋とあったようですが特定できるものではないでしょう。たまたま何かの由来で関西方面で使われたのが伝わったものと思います。佐野様の「三ツ星に一文字」はご先祖さまの由来から考えると毛利家と似たデザインを使うことは充分考えられます。お殿様に気遣って全く同じではなく上下を入れ替えたとも考えられます。登城の際は紋付ですから家来ということが間違いなければ当然、藩から認められていた(あくまで推測ですが)ことでしょう。家紋は不定義なものですから家紋をつけた時の書でも見つけないとなんとも言えません。とはいえ家紋をつけるとき、時の家長が自分の代だけでなく、子々孫々の繁栄を願って付けたものですから大事にしてください。

大河ドラマ毛利元就のときに、元就の配下の吉川家が、反対の紋でした。
そのつながりなんじゃないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1330854/33704213

この記事へのトラックバック一覧です: 毛利元就:家紋【長州三つ星に一(一文字三つ星)】:

« 徳川家康:家紋【徳川葵】 | トップページ | 石田三成:家紋【大一大万大吉】 »

無料ブログはココログ